TOPICS

今朝の中部経済新聞7面に紹介記事が掲載されました

2013年11月15日

美濃焼窯元のヤマ忠木股製陶合資会社(本社土岐市肥田町、木股智彦社長、電話0572-59-8094)は、豆腐製造の豆乃匠中島豆腐(中津川市手賀野、中島昇治社長、電話0573-65-2591)と共同で「自家製豆腐専用陶器」を開発、こだわり豆腐とセットで販売を開始した。年末ギフト需要などを開拓し、1年後に月間100セット販売する商品に育てる方針。

 

ヤマ忠木股製陶と豆乃匠中島豆腐

豆腐製造セット発売

年末ギフトへ専用陶器に”こだわり豆乳”

自家製豆腐専用陶器

 

今回の商品化は、食品偽装など食材をめぐる問題が最近、社会をにぎわすなかで、「家庭でも気軽に安心・安全で美味しい豆腐を食べてもらいたい」とした中島社長の想いがきっかけ。

中島豆腐は恵那山の伏流水や100%国産大豆など、素材にこだわった豆腐づくりで百貨店顧客から支持を受けるメーカー。中島社長の想いと情熱に木股社長が呼応し、美味しい豆腐づくりのノウハウが詰まった専用陶器を設計、開発した。

専用陶器は内・外両面に波形のデザインを施しているほか、底部に凸部を設けて熱の伝わり方を良くする機能を持たせた。

これに豆乳150ccとにがり適量を入れ、混ぜてから鍋や卓上調理器にセット。半分の高さ程度まで水を入れて10分程度加熱し、火を止めて5分程度蒸らすと豆腐が出来上る。

ギフト商品は専用陶器2客(白、茶各1式)とこだわりの豆乳2本、国産海水にがりなどをセット。価格は税別5千円。ヤマ忠木股製陶およびインターネットショッピングモール「楽天市場」で販売するほか、百貨店や高級食料品店での取り扱いも目指す。

なお、同商品は16日まで名古屋市国際展示場・ポートメッセなごやで開催中の「メッセナゴヤ2013」会場でも紹介している。

一覧に戻る